【海外向け事例】子供教育プログラム(ベトナム編)

目標

近隣の諸外国(フィリピン・シンガポールなど)との競争に負けない優秀な人材を子供教育を通じて育てる。

問題点

対象が子供であることで、長時間の集中が続かない傾向がある。

解決案

ゲームや物の作成等、1~2時間で区切ることができ、かつ、対象者が楽しみながら学べる研修を行う。

具体的な方法

3つのゲーム(Points of You・ヒットマンガ・和紙人形 レタードール)作成を軸にベトナムの子供たちに遊びながら、考えること(自主性)、感じること(感受性)、伝えること(協調性)を学んでもらう。

方向性

  • 右脳を使った最先端の教育方法で、年齢性別問わず、行うことが可能。
    その範囲の広さから海外での評価も高い。
    イマジネーション力の向上や、発想力の向上を養う。

  • マンガの吹き出しにオリジナルの自由なセリフを考えて発表する。
    自分の発想を言葉にして他人に伝えることを学び、コミュニケーション力の向上を図る。

  • 自らの手でイメージした人形を作成し、お世話になった人物に手紙を書くことで、感受性の向上や他人を思いやる気持ちを養う。

発想力とそれを言葉にする伝達力、さらには他人のことを考える他者理解の方法を子供の頃より身に付ける。

近代において最先端の子供教育をベトナムの子供たちに届けベトナムの将来を担う優秀な人材を育てる。