法人担当の皆様へ

現在、海外からの文化や習慣が異なる外国人就業者の方が大変多くなり、対象の職種についても、建設、農業、介護、造船、宿泊の5分野のほか、
金属プレスや鋳造など一部の製造業や非製造業の外食産業も対象になる見込みです。

業種を問わず、日本での仕事をより楽しんでいただくために、身につけるべき考え方や実践的なマナーを指導することが必要になってきました。

また、現在の日本人の従業員に対するコミュニケーション対応の研修も早急に進めて行かなくてはいけない状況です。
クレームのほとんどがヒューマンスキル(コミュニケーション)をレベルUPすることで、未然に防ぐことができるようです。

接遇(セツグウ)とは、主に接客業などのお客様をもてなす業種において、使われる言葉でありますが、
その大半が言葉遣いやお辞儀などの作法を形式的に学ぶことであると理解されています。

しかし、接遇の「遇」は「あう」という言葉であるということが表すように接遇とは「他人と遇い接する」ことを意味します。
これは「人と遇い接する」ことは一人で行うことは出来ず、必ず相手がいることが必要であるということを表しています。

会社内で研修をお考えの企業様(事業所様)、会社内(事業所)等で接遇・コミュニケーション等の
内部インストラクターの養成をお考えの御担当者様当協会に是非1度お問合せ下さい。

接遇研修
NPO法人 日本接遇教育協会

特定非営利活動法人 日本接遇教育協会の企業向け接遇研修です。あらゆる業種・業界対応です。当協会認定講師を全国派遣します。

詳細ページはコチラ

セツグウ エデュケーショナル
インストラクター養成講座

講師未経験の方でも海外就労者様向け接遇研修を行う出来る接遇インストラクターに必要な知識とスキルを学びます。

詳細ページはコチラ

接遇インストラクター内製化のススメ
 

自社内で接遇インストラクターを育成することのお勧め理由や当機構のサポート体制について紹介しています。

詳細ページはコチラ